上質な院内環境。堺市の歯医者・歯科・インプラントなら当院へ。

0120-870-118

【診療時間】9:30~13:00 / 14:30~18:30(土曜18:00)
【最終受付】午前12:30 / 午後18:00(土曜17:30)
【休診日】 木曜・日曜・祝日

メールでのお問い合わせ

お口の中全体を考えた歯科治療

お口の中全体を考えた、総合的な歯科治療

総合的な歯科治療

歯を治療するとき「痛いところやむし歯だけを治療すればいい」と考えている方がいらっしゃいます。しかし、いくらむし歯や痛いところが治っても、歯周病になっていたり、噛み合わせが悪かったりすれば食事のときにしっかり噛むことはできません。また長い目で見ると、せっかく治療した歯がダメになってしまうこともあるのです。

お口は、たくさんの歯や歯ぐき、骨などが集まって作られているひとつの器官です。悪い部分を治すだけでなく、全体のバランスを考えながら治療しなければ、本当の意味でのお口の健康は取り戻すことができません。

全体のバランスを考えた治療とは

全体のバランスを考えた治療とは

お口の状態を健康に保つには、歯を支える土台となる、歯槽骨(しそうこつ)などをしっかりとしておくことが、なにより大切になります。
歯槽骨とは、歯ぐきの下にある歯が収まっている部分の顎骨のこと。口内の健康のため、歯の治療をするときは、歯周病の治療も同時にしておくと万全です。

なぜなら、歯槽骨など、歯を支える部位の治療だけに力を入れても、上にある歯の治療が適切に行われていないと、お口の健康は保てないからです。歯を1本1本直していくのではなく、噛み合わせなど、お口全体のバランスを診ながら治療を進めることがポイントといえます。

家など、建築物で考えるとわかりやすいかもしれません。堅牢な建物を建てて、長持ちさせるには、まず、土台となる土地を、条件に合わせて的確に整地して、しっかり設計された建物を、頑丈な部品で図面通りに施工することが不可欠です。

お口の治療も同様です。土台となる部分の歯周病の治療を確実にして、しっかり治療計画を立て、丈夫でぴったり適合する詰め物や被せ物を使って、正しく治療を進行させていく必要があります。バランスのよい治療こそが、歯と口内の健康を長く維持するカギとなるのです。

すべては予防のために

当院が目指すのは、お口の中全体の健康と、それによって作られる身体全体のバランス、そしてみなさまの健康的な日常生活です。そのため、歯周病治療もインプラント治療も審美歯科治療も、正しい噛み合わせを作るための治療のひとつだと位置づけています。

そして何より大切なのは、そもそもお口の中のトラブルが起こらないようにすることです。正しい噛み合わせになると、歯周病やむし歯のリスクが下がります。つまり、すべての治療が未来を見据えた”予防”の一環であると言えるのです。