上質な院内環境。堺市の歯医者・歯科・インプラントなら当院へ。

0120-870-118

【診療時間】9:30~13:00 / 14:30~18:30(土曜18:00)
【最終受付】午前12:30 / 午後18:00(土曜17:30)
【休診日】 木曜・日曜・祝日

メールでのお問い合わせ

院長紹介

院長あいさつ

院長挨拶

こんにちは。ナカノ初芝歯科クリニックのホームページを訪れていただき、ありがとうございます。私は、院長をしております中野裕司と申します。

私が治療で心がけていることは「ただ治すだけではなく、今後悪くならないようにしていくこと」です。そのためには、治療した部分が再び悪くなることのないよう、質の高い治療を行うことを心がけています。そして良好な状態をずっと維持するために、定期検診に力を入れています。「すべては予防のために」これが当院の信念です。

お口の中を良好な状態に保つことで、みなさまが歯で困ることのない素晴らしい人生を送れるようサポートできれば幸いです。

国内だけではなく海外も見て、世界スタンダードな治療を

患者さまのさまざまなご要望に応えるために、日々研鑽し続けています。患者さまの健康や将来に関わることですので、できる限りご満足いただける治療をご提供したいと考えております。

その思いから、国内・国外問わず、積極的に学会や研修会に参加し続けています。時には歯科治療先進国の研修にも参加し、治療の質を少しでも上げるべく、最新の知識と技術の習得を目指しております。

1つの既成概念に捉われることなく、自分の目で見て、確認しながら、しっかりと研鑽し検証していく。そして、常に視野を広く、世界スタンダードな歯科医療を見据えながら、歯科治療をご提供させていただきたいと思います。

院長紹介

プロフィール

院長/中野 裕司

■経歴
2002年 大阪歯科大学 卒業
2002年 大阪歯科大学 総合診療科にて研修修了
2003年 諸井歯科クリニック 
      ・副院長就任
      ・諸井英徳院長に師事
      ・予防、審美歯科治療に従事
2005年 南郷谷歯科医院 
      ・インプラント専門医として勤務
2007年 アーティスティックデンタルクリニック
      (全国症例数屈指のインプラント専門医院)
      ・医局長就任
      ・坂口勝啓院長に師事
      ・スウェーデン式のインプラント治療に従事
2010年 当院開院
2014年 マルメ大学インプラントコース修了
       ハーバード大学インプラントコース修了
2016年 大阪歯科大学歯周病学講座 入局
2017年 テンプル大学インプラントコース修了

■研修履歴・海外
・マルメ大学 インプラントコース(スウェーデン)
・ハーバード大学  インプラントコース(アメリカ)
・テンプル大学  インプラントコース(アメリカ)

研修履歴・海外

■研修履歴・国内
JIADS
・ペリオ(歯周病)コース
・歯周補綴・審美歯科コース
・再生療法コース
・歯内療法コース
・インプラントコース
SJCD
・レギュラーコース
OSI
・インプラント トレーニングコース
・インプラント アドバンスコース
・麻酔鎮静コース
IDA
・デンティストコース
JACID
・日本口腔インプラント学会認定100時間コース

研修履歴・国内

■所属団体
・野口英世医学研究所 理事(医学者野口英世の功績を記念して設立された学会)
・国際口腔インプラント学会 認定医・指導医
・日本口腔インプラント学会 専修医
・日本アンチエイジング歯科学会 認定医
・大阪歯科大学歯周病学講座 専攻生
・日本歯周病学会
・JIADS(アメリカ・ボストンIADSの姉妹組織。歯周病・インプラントの研修団体)
・OSI(スウェーデン製アストラテックインプラントの研修団体)
・JACID(日本口腔インプラント学会指定のインプラント研修施設)
・日本歯科医師会
・大阪府歯科医師会
・堺市歯科医師会
トゥース・フェアリー

歯医者になった理由

歯医者になった理由

私は、父が歯科医師という家に生まれました。自宅が診療所を兼ねていたため、小さい頃から歯科医院独特の「キーン」という音を聞いて育ちました。父が治療する姿をよく見ていたこともあり、自然と歯科医師になる道を選んだ気がします。

大学に入学して勉強を始めてから、改めて歯科医師という仕事が自分に向いていると思うようになりました。血筋もあるのかもしれませんが、昔からものづくりが好きで手先が器用なことも大きかったと思います。そして卒業後も研修医として母校の大学に残り、現在の基礎となる治療を各専門の先生にみっちり教わりました。

その後、大阪市内にある大手歯科医院で勤務することとなりましたが、ここで私にとっての転機が訪れたのです。

予防治療の意味を学ぶ

予防治療の意味

それまで私は、歯科医院とはお口の中にトラブルが起きてから通う場所だと思っていました。ところがその歯科医院には、お口の中に何の問題もない患者さまが毎日たくさん来院されていたのです。

今では常識になりつつある「歯科医院とは悪くなってから訪れる場所ではなく、健康な状態を維持するために通うところ」という考え方。その歯科医院では予防医療に力を入れていて、その考え方が患者さまにもしっかりと浸透していたのです。初めて勤めた歯科医院ということもありますが、私の理想とする歯科診療は、そこで養われたのだと思っています。

むし歯ができたから歯科医院に行って、治療が終わったらそれで終了。またむし歯ができたら歯科医院に行く。こんなことを繰り返していては、いつか歯がなくなってしまいます。そうならないためには、定期検診で予防することが大切なのです。

予防の一環として治療の質向上を目指す

予防の一環

それから私は、予防に重点を置いて診療するようになりました。すると、次の課題が見えてきたのです。

現在、歯科治療の約70%は再治療であると言われています。つまり、一度治療したところが何らかの原因でまた悪くなり、再び歯科医院に通うことになってしまうというものです。再治療となる可能性を減らせば、歯の健康はそれだけ守られるのです。

もちろん当時も、決して自信のない治療をしていたわけではありません。でもできるだけ長く歯の健康状態を維持するために、もっと治療の質を上げたい。そう考えた私は、さまざまな研修会を次から次へと受講するようになりました。給与のほぼすべてが研修会の参加費に消えたといっても過言ではありません。

インプラント治療との出会い

インプラント治療との出会い

中でも特に感銘を受けたのは、JIADSという歯周病外科・審美歯科治療・インプラント治療の研修会です。研修会で知識・技術を学ぶことにより、今まで救えなかった歯を救えるようになりました。

そして当時はまだインプラント治療が注目を集め始めた頃だったのですが、その技術はまさに画期的なものでした。もっとこの技術を極めたいと思ったものの、独学と研修会だけでは限界がありました。そこで私はインプラント専門の歯科医院に勤め、毎日のようにインプラント手術に立ち会うことにしたのです。

そのインプラント専門歯科医院には、全国各地から患者さまが訪れました。中にはわざわざ海外から治療を受けに来られた方もいらっしゃいました。そこで3年間勤め、医局長としてたくさんの症例に触れ、インプラントの知識と技術を培うことができました。

勤務医時代に養ったすべての基礎となるむし歯治療と歯周病治療、そして特殊な治療であるインプラント治療や審美歯科と、さまざまな経験を得て、今は故郷である堺に戻ってきました。これまでの経験、技術、知識を、堺のみなさまのお役に立てられるよう、微力ながら地域社会に貢献できるよう努力していきたいと思っています。