堺市初芝駅の歯医者・審美歯科・インプラントは
ナカノ初芝歯科クリニックへ

  • ご予約・お問い合わせ:0120-870-118(木・日・祝休診)
  • 初診限定WEB予約・相談

MENU

ストレスを感じさせない
痛みに配慮した取り組み

*

06

痛みの少ない治療のために

*

歯が痛くて歯科医院を訪れたのに治療でも痛みを感じるのは大きなストレスです。堺市の歯医者 ナカノ初芝歯科クリニックでは、患者さまにゆったりと安心して治療を受けていただきたいという思いから、痛みの少ない治療を行っております。
深くなってしまった虫歯を削るときなど、治療に痛みを伴う可能性がある場合は麻酔をしてから進めますが、その麻酔自体に痛みがあっては意味がありません。

堺市東区の歯科医院 ナカノ初芝歯科クリニックでは、麻酔を打つ歯茎の表面にゲル状の麻酔を塗ることで麻酔注射の針が刺さる時の痛みを和らげたり、一般的に使用されている注射針よりも細い針を使うことで、さらに痛みを軽減できるよう配慮しています。
また薬剤を注入する時の圧力による違和感を軽減するために、少量の薬剤を一定の速度で注入できる電動の注射器を導入したり、薬剤を体温程度に温めてから注射するようにしています。

麻酔時の痛みにも
配慮しています

  • 電動麻酔注射器
    電動麻酔注射器
    麻酔注射では、薬剤を注入していくときの違和感がイヤという方もいらっしゃいます。電動注射器なら、麻酔薬を少量ずつ一定の速度で注入できるので、違和感を覚えにくくなります。
  • カートリッジウォーマー
    カートリッジウォーマー
    麻酔注射時の痛みの大きな原因の一つが麻酔液の温度です。麻酔液の温度を体温に近い温度に温めることで、体内注入時の温度差による痛みを少なくすることができます。
  • 表面麻酔
    表面麻酔
    麻酔注射で痛みを感じるポイントは、なんといっても針を刺すときです。当院ではまず表面麻酔をしてから、麻酔が効くのを待って注射しています。表面麻酔は、薬剤を歯ぐきに塗ることで、歯肉の表面を麻痺させて、針を刺すときの痛みを和らげてくれます。
  • 電動注射器
    電動注射器
    麻酔注射をするときは、細い針のほうが痛みを感じにくくなります。麻酔のときに一般的に使われている注射針は、30ゲージと呼ばれる太さのものです。当院では、より細い33ゲージの極細針を使用して麻酔注射を行っています。

静脈内鎮静法

*

インプラント治療を行う場合、通常は局所麻酔のみで治療を行っています。しかし大阪府堺市の歯医者 ナカノ初芝歯科クリニックでは、歯科恐怖症や外科処置に強い恐怖心をお持ちの患者さまの場合、患者さまの負担軽減と治療を安全に進めるため、静脈内鎮静方という麻酔を併用した治療をお勧めしています。
静脈内鎮静方とは点滴によって血管に直接鎮静剤を入れていく方法で、全身麻酔と違い意識が完全になくなることはありません。ウトウトとするような、半分眠ったような状態になるため、問いかけなどには答えることができます。治療の際の音や振動が気にならなくなり、リラックスした状態で治療を受けていただけるため血圧なども安定し、安全に手術を進めることができます。
感じ方に個人差はありますが、寝ている間に治療が終わっていた、治療中のことはあまり覚えていないという方がほとんどで、全身麻酔と違い身体の負担はほぼありません。手術後に院内で少し休憩したのちに、当日お帰りいただけます。

治療に関する疑問・不安、治療内容について、
まずはお気軽にご相談ください。
  • 電話で診察・相談のご予約・お問い合わせ:0120-870-118
  • 24時間受付初診限定WEB予約
関連ページ