堺市初芝駅の歯医者・審美歯科・インプラントは
ナカノ初芝歯科クリニックへ

  • ご予約・お問い合わせ:0120-870-118(木・日・祝休診)
  • 初診限定WEB予約・相談

MENU

Medical

小児歯科

お子さまの気持ちに寄り添った
優しい対応や診療を心がけています。

お子さまが歯医者嫌いに
ならないように

*
無理に治療を進めることはしません
子どもの頃に歯科治療でつらい経験をしてしまうと、それだけで一生歯科医院が苦手になってしまうことがあります。そこで、堺市の歯医者 ナカノ初芝歯科クリニックでは、お子さまが歯科医院に慣れることから始めます。お子さまに対して無理やり治療をするようなことはありません。
まず治療用ユニットに座ってもらうこと。そして、歯科衛生士が歯みがき指導などを行ってお子さまの様子を観察します。そして治療器具で練習を行い、治療が可能なようなら治療を行います。また、治療が出来たお子様にはキャラクターの消しゴムをプレゼントするなど、楽しく通っていただける取り組みも行っています。
*
ご家族と一緒に、お子さまの成長を支えます
歯はお子さまの健やかな成長を支える大切なパーツです。歯が生え始める乳幼児期にはじまり、歯が生え変わる小学生の時期、大人と同じ永久歯の歯列や噛み合わせが完成する中学生の時期までその時々に合わせて、必要なサポートは変わります。
大阪府堺市の歯科医院 ナカノ初芝歯科クリニックでは、お子さまの成長段階に合わせた最適なサポートで、ご家族の方と二人三脚でお子さまの健やかな成長をサポートしていきます。

“歯の生え変わり時期”は
特に注意が必要

*
乳歯はすぐに生え変わるから
虫歯になっても問題ないと思うのは危険です
乳歯にはお子様の成長に欠かせない大切な役割があります。正しい噛み合わせを作るための準備、顎の骨の成長の促進、永久歯が正しい場所に生えるためのガイドの役目など、お口周りの成長はもちろん、しっかり噛むことで知能の発達など、全身の成長にも深く関わっています。
また、新しく生えてきたばかりの永久歯は抵抗力が弱いため、乳歯の虫歯を放置することでお口の中に虫歯菌が増えてしまうと、虫歯のリスクが非常に高くなってしまいます。

歯の生え替わり時期は、
とてもデリケートです

歯が生え変わる時期はお口の中に乳歯と永久歯が混在する時期です。乳歯と永久歯は大きさが違うため、歯の高さや大きさがバラバラになり、非常に歯磨きがしづらい環境になります。また、生えてきたばかりの永久歯はまだ抵抗力が弱く、そのうえ表面がザラザラしているため歯垢がつきやすく、虫歯のリスクが高くなってしまいます。
この時期特有のトラブルとして乳歯が抜ける前に永久歯が生えてくることや、永久歯がなかなか生えてこないこともあるため、お子さまのお口の状態を把握し、適切な対応をすることが必要です。毎日の仕上げ磨きの時に何か気になることなどありましたら、些細なことでも堺市の歯医者 ナカノ初芝歯科クリニックに、ぜひご相談ください。

お子さまの今と、
これからの健康のために

*
むし歯になりにくいお口を目指しましょう
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯や歯周病の原因になる菌は存在していません。菌を保有している周りの大人からの食事の噛み与え、食器の共有やキスなどのスキンシップでお子さまは虫歯や歯周病の原因菌に感染します。
お子さまの歯はエナメル質や象牙質が大人よりも薄く、虫歯に対する抵抗力が低いため、虫歯のリスクが高い傾向にあります。また感染する時期が早いほど、将来虫歯になりやすくなるという報告もあり、今お子さまを虫歯菌や歯周病菌から守ることは将来のお子さまのお口を守ることにつながります。
お子さまの健やかなお口の環境をつくるには、歯科医院と保護者の方の協力が欠かせません。私たちも一緒にお子さまの成長を見守らせていただければ幸いです。

お子さまを、むし歯から
守るためのポイント

  • *
    感染源の除去
    お子様への虫歯菌の感染源は周りの大人の方であることがほとんどです。周りの大人、特にご一緒に暮らすご家族のお口を清潔に保ち、虫歯菌や歯周病菌を減らすことが非常に大切です。毎日のご自宅での歯磨きなどのケアはもちろん、歯科医院での定期検診を受けていただくことで、虫歯や歯周病の予防をしていきましょう。
  • *
    感染経路の遮断
    お口の中の細菌の働きを抑制する効果のある、キシリトールを効果的に使用しましょう。虫歯菌の餌になる糖が含まれない、無糖・糖類0g・シュガーレスの表記があるものが安心です。また、口移しを避ける、キスはほっぺにするなど安全なスキンシップを心がけ、スプーンやフォーク、お箸などの食器類も大人と子供で使い分けるようにしましょう。

お子さまを虫歯から守るための取り組み

  • *
    フッ素塗布
    フッ素には、歯を保護してむし歯になりにくくする、歯の再石灰化を促すといった効果があります。そのフッ素を歯の表面に塗ることで、むし歯になりにくい丈夫な歯を作ります。特に、まだ歯が完成しきっていないお子さまには大変有効です。
    最近は、フッ素配合の歯磨き剤やうがい薬も市販されています。歯科医院で使われているフッ素は、市販のものよりも濃度が高いので、より高い効果が期待できます。
  • *
    シーラント
    奥歯の表面には、細かい溝やくぼみがあります。歯みがきが行き届かないと、その溝やくぼみに汚れが溜まり、むし歯の原因となります。それを防ぐため、特殊な樹脂を奥歯の溝やくぼみに詰め、歯の表面を平らにします。
    シーラントも、生えたてのむし歯になりやすいお子さまの歯に有効です。

保護者の方へお願い

歯科治療は、お子さまにとって大きなストレスです。歯科治療ができたら、帰宅後お子さまをたっぷり褒めてあげてください。それだけでお子さまは、歯科治療に対して前向きになれます。
また、お子さまに歯みがき指導を行っても、まだ小さいうちは十分に磨けないこともあります。できれば小学校低学年くらいまでは、保護者の方が仕上げ磨きを行ってください。堺市の歯医者 ナカノ初芝歯科クリニックでは、お子さまの年齢やお口の中の状態に合わせて、歯科衛生士が仕上げ磨きのポイントなどもお伝えしています。

治療に関する疑問・不安、治療内容について、
まずはお気軽にご相談ください。
  • 電話で診察・相談のご予約・お問い合わせ:0120-870-118
  • 24時間受付初診限定WEB予約
関連ページ