堺市初芝駅の歯医者・審美歯科・インプラントは
ナカノ初芝歯科クリニックへ

  • ご予約・お問い合わせ:0120-870-118(木・日・祝休診)
  • 初診限定WEB予約・相談

MENU

Medical

インプラント

経験豊富な歯科医師が丁寧に
インプラント治療を行います。

インプラントとは

*

むし歯や歯周病、あるいは事故など、さまざまな原因で生まれもった天然の歯を失ってしまうことがあります。そんなとき、なくなった歯を補う治療のひとつがインプラントです。インプラント治療では、歯を失ってしまった部分のあごの骨に人工歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を取りつけます。
埋め込まれた人工歯根は、あごの骨としっかりと結合するので、治療後の咀しゃく力は天然の歯と変わりません。また、人工歯根の上に取りつける義歯は、患者さまの歯並びに合わせて1本ずつ作っていきます。そのため、見た目も天然の歯とほぼ区別がつきません。
堺市東区の歯医者 ナカノ初芝歯科クリニックでは、インプラント治療の経験が豊富な歯科医師が治療を行っています。

失った歯を補うための治療

失ってしまった歯を補うには、インプラントのほかにも入れ歯やブリッジなどの方法があります。ブリッジは健康な歯を削らないと取りつけられない、入れ歯は違和感があり噛む力も弱くなるといった欠点をもっていました。その欠点をなくし、天然の歯とほとんど変わらない状態にできるのがインプラントなのです。

  • ブリッジ
    *

    歯のない部分の両隣の歯を削り、連結した形の冠を被せます。

    メリット
    • 治療に比較的時間がかからない
    • しっかり歯に固定されるため、違和感が少ない
    デメリット
    • 歯を入れる部分と隣り合った健康な歯を削らなければならない
    • 土台となる歯に負担がかかる
    • ダミーの歯に食べ物が詰まることがある
  • 入れ歯
    *

    歯のない部分に取り付ける、取り外しのできる入れ歯を製作します。

    メリット
    • 治療に比較的時間がかからない
    デメリット
    • 入れ歯を支える歯に負担がかかる
    • 天然の歯よりも噛む力が弱くなる
    • 見た目が良くない
    • 使っているうちに合わなくなる
    • 装着時に違和感がある
  • インプラント
    *

    手術により人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。

    メリット
    • 周囲の歯に負担をかけることがない
    • 天然の歯とほぼ同じように噛める
    • むし歯にならない
    デメリット
    • 治療のために手術が必要

当院のインプラント治療の
8個のこだわり

  • 01経験豊富な歯科医師が在籍

    *

    大阪府堺市の歯医者 ナカノ初芝歯科クリニックの院長は、国際口腔インプラント学会の指導医と日本口腔インプラント学会の専修医であり、JIADS(歯周病外科・審美歯科治療・インプラント治療研修会)、OSI(アストラテックインプラント研修会)など数々の研修会で研鑽を積んだインプラント治療のエキスパートです。また海外研修の受講より得た知識と技術を踏まえたインプラント治療をご提供しています。

    *国際インプラント学会(ICOI)は世界最大のインプラント学会でDiplomate(指導医)の資格を持つ歯科医師は少なく難度の高いライセンスです。

  • 02世界的に評価されているインプラントを採用

    *

    身体に埋め込んで長期にわたり使用するインプラントは、将来にわたって変わらず使用できる製品であること、そして修理部品などが変わらず供給されていることが大切になります。堺市東区の歯医者 ナカノ初芝歯科クリニックでは、世界的な医療器具メーカーである、スウェーデンのアストラテック社とドイツのカムログ社の製品を採用しています。純チタン製で身体に優しく、骨と強固に結合します。
    アストラテックインプラントシステム、ドイツのカムログ社のインプラントは、その優れた予知性・機能性・審美性の維持という点において日本国内でも多くの評価を得ています。

  • 03綿密なシミュレーション

    *

    歯科用CTの3D画像を使用し、手術前になんどもシミュレーションを繰り返すことで患者さまに負担が少なく安全な埋入位置を検討します。

  • 04難症例にも
    対応

    *

    歯あごの骨量が少ないためにインプラント手術が難しい症例でも、増骨手術などでインプラント治療を可能としております。

  • 05説明と同意を大切に

    *

    治療前にインプラント治療のメリットだけではなくデメリットもしっかりご説明し、「治療計画書」「お見積書」「同意書」の締結を行っております。

  • 06静脈内鎮静

    *

    外科処置や歯科恐怖症の方にも安心して治療を受けていただくために、静脈内鎮静法の麻酔治療にも対応しています。

  • 07日本屈指の技工士との連携

    *

    歯の代わりとなる人工歯は経験豊富な歯科技工士が作成します。見た目の美しさ、機能性、適合性を兼ね備えた被せ物をご提供しています。

  • 08充実した設備

    *

    積極的な使い捨て器具の使用や、外科手術に特化した完全個室の手術室をご用意し、安心に治療を受けていただくための設備を整えています。

ナカノ初芝歯科クリニック インプラント専門サイト

骨が足りない難症例にも対応

顎の骨が足りずにインプラント治療が難しいと断られてしまった方でも、足りない骨を補う手術をすることでインプラント治療が可能になることがあります。
大阪府堺市の歯科医院 ナカノ初芝歯科クリニックでは、骨を補う手術にも対応しています。他院でインプラント治療を断られてしまった方も、一度ご相談ください。

サイナスリフト

上あごの骨の厚みが薄い場合に行われる増骨手術です。上あごの奥歯の上部には「上顎洞(じょうがくどう)」と呼ばれる空洞があります。空洞が大きくインプラントをするのに十分な骨がない場合、上顎洞の底にあたる部分を持ち上げ、できた空間に人工骨や自家骨を移植します。インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。

  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *

ソケットリフト

サイナスリフトと同じく、上あごの骨の厚みが薄い場合に行われる増骨手術です。サイナスリフトよりも骨の厚みがある場合に行われます。
インプラントを埋め込むための穴を利用し、上顎洞の底部を押し上げ、できた空間に人工骨や自家骨を移植。インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。サイナスリフトのように大幅な増骨手術ではないので、術後の痛みなどを軽減できます。

  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *

GBR

GBRは、骨の高さ・厚みが不足している場合に行う治療方法です。歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を置きます。歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。
個人差がありますが4~6か月で歯槽骨が再生され、インプラントの安定性が確保されます。

  • *

    まず歯肉を切開し、
    骨が不足している箇所を確認します。

  • *
  • *

    骨が不足している場所に、
    自家骨か人工骨を盛ります。

  • *
  • *

    盛った場所をメンブレンで覆い、
    歯肉を縫合して終了です。

歯周病治療とメインテナンス

かつて、インプラント治療のあとは、特別な措置は必要ないと考えられてきました。ところが近年になって、インプラントの周囲にも歯周病のような病気が発症することがわかったのです。これはインプラント周囲炎と呼ばれています。インプラント周囲炎の直接の原因も、歯周病と同じ歯垢や歯石です。治療しないでそのままにしているとインプラント周囲の骨が溶けて、やがてはインプラントが抜け落ちてしまいます。
大阪府堺市の歯医者 ナカノ初芝歯科クリニックでは、インプラント歯周炎のリスクを下げるために、インプラント治療前の歯周病の治療と、インプラント治療後のメインテナンスにも力を入れています。

まずは歯周病の治療を行います

*

堺市東区の歯科医院 ナカノ初芝歯科クリニックでは、患者様が歯周病にかかっていた場合、歯周病の治療が完了してからインプラント治療を進めるようにしています。
歯周病が治っていない状態でインプラント治療を進めると、インプラント歯周炎にかかるリスクが高くなってしまい、将来的には埋め込んだインプラントが抜け落ちてしまう可能性に繋がってしまうためです。
歯周病は歯茎ではなく、顎の骨を溶かしてしまう病気です。インプラントを埋め込む土台となる顎の骨がしっかりしていることや健康なお口が、埋め込んだインプラントを長くお使いいただく上でとても大切になってきます。

インプラント治療後は定期的にメインテナンスを

*

インプラント周囲炎を起こさないためには、まず手術前に口腔内の原因菌をできる限り減らしておくこと、すなわち歯周病をしっかり治してからインプラントを行うこと。そして治療後には、毎日の適切なブラッシングが大切です。
ブラッシングで落としきれない汚れは、定期的に歯科医院でのメインテナンスを受けて、クリーニングを行う必要があります。当院では、インプラント治療を行った患者さまが良い状態を長く維持できるように、積極的にメインテナンスに取り組んでおります。
インプラント治療は、義歯が入ったら終わりではありません。長く使い続けるためにも、定期検診をしっかりと行うことが大切です。

当院のインプラント治療の流れ

堺市の歯科医院 ナカノ初芝歯科クリニックでは、インプラント治療の中でも代表的な2回法というシステムを行っています。ここでは、当院のインプラント治療の流れをご説明します。

  • *
    カウンセリング
    まず問診表にご記入いただき、カウンセリングを行います。カウンセリングの担当は、インプラントを専門としている当院の院長が行います。まずはパノラマレントゲン撮影を行い、それをもとにお話をさせていただきます。インプラント治療についてあまりご存知ではない患者さまには、症例の写真や模型を使ってわかりやすく説明します。通常1回目はこれで終了です。
  • *
    試料採取
    1回目のカウンセリングでインプラントを検討されている患者さまには、CT撮影、口腔内診査、歯型採り、写真撮影、歯周病検査などを行い、患者さまのお口の状態を正確に把握します。
  • *
    診断に基づいた治療計画の説明
    検査結果に基づいて、詳しい治療計画のご説明をします。患者さまが十分に納得されてから、治療スタートとなります。また、「治療計画書」「お見積書」「同意書」の説明も行います。
  • *
    むし歯や歯周病の治療
    むし歯や歯周病にかかっていると、手術の際や治療後にインプラントへの細菌感染の危険があるので、すぐにインプラント治療ができません。そのため、治療を始める前にむし歯や歯周病の治療を行います。また、骨量が不足している方には増骨手術を行います。
  • *
    インプラント埋入
    あごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込みます。
  • *
    治癒期間
    埋め込んだインプラントとあごの骨が結合するのを待ちます。通常は3~6か月で結合します。治癒期間中は結合するのを待つだけなので、日常生活に支障が出ることはありません。
  • *
    インプラントの頭出し
    歯ぐきの下に埋まっているインプラントの頭出しをします。
  • *
    人工歯の型取り
    お口の中の型を取り、インプラントに取りつける土台(アバットメント)と被せ物(クラウン)を作ります。
  • *
    人工歯の装着
    インプラントに土台(アバットメント)を取りつけます。その上に被せ物(クラウン)を被せます。
  • *
    メインテナンスと定期検診
    治療終了後は2か月に一度の定期検診を行い、インプラントに異常がないかをチェック。そして口腔内のクリーニングなどを行います。インプラントを長く使い続けるために、治療終了後も定期的な検診は欠かせません。

インプラントの価格について

最近は、格安な治療費用でインプラント治療を行う歯科医院があります。当院でも患者さまから「なぜ歯科医院によってインプラントの治療費用が異なるのですか?」という質問を受けます。理由はたくさんありますが、一般的にこだわった治療をしている歯科医院ほど、経費はかかり治療費用は高い傾向にあります。

よくあるご質問

インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?
お口の中だけの局所麻酔をするので、手術中の痛みはありません。ただし、麻酔が切れてからは傷口の痛みがまったくないわけではありません。手術後に痛みや腫れが出る場合がありますが、時間と共に治まります。
手術後のお口のお手入れはしなくて良いのですか?
インプラントの寿命は、お口のお手入れの仕方で決まります。歯ブラシだけでなく、補助的な清掃用具(歯間ブラシなど)を必要とすることもあります。担当医や衛生士からお口のお手入れの方法の指導を受け、日頃の清掃に心がけてください。必ず定期検診を受け、チェックを受けることが大切です。
治療費はどのくらいかかりますか?
インプラント治療は自費診療なので、保険は適用されません。インプラントの本数や人工歯の種類、お口の状態によって異なります。詳しいお見積りはご相談ください。
治療期間はどのくらいかかりますか?
2回法の場合、あごの骨に埋め込んだインプラントが周囲の骨と結合するのに3か月かかります。骨とインプラントが結合してから頭出しを行い、治癒を約2~4週間待ちます。その後、歯を入れるための期間が約2〜4週間かかります。
インプラント手術のために入院する必要がありますか?
インプラントを埋め込む手術は麻酔を使いますが、入院の必要はありません。手術当日に帰宅できます。
以前の自分の歯と同じように噛めますか?
入れ歯が粘膜に支えられているのに対して、インプラントはあごの骨に支えられています。このため入れ歯につきもののガタつきもないので、入れ歯よりもしっかり噛めるようになります。
インプラントはどのくらいもちますか?
インプラント自体はチタン製なので、半永久的に機能します。しかし、お手入れがしっかりできていないとご自身の歯と同じように歯槽膿漏のような状態になり、インプラント周囲の骨が痩せてくることがあります。インプラントを長持ちさせるためには、毎日のきちんとしたお手入れと定期検診が欠かせません。
インプラントの手術は安全なのでしょうか?
手術前に各種検査(必要であればCT撮影も行います)を行い、あごの骨の形や状態を正確に把握し、神経や血管などに十分配慮しながら手術を行うので、安全性にはほとんど問題ありません。 治療に際して、解剖学的理由などで手術が困難だったり、手術の安全性に問題があったりする場合には、その旨主治医から説明があります。
歯以外に疾患がある場合、治療は受けられますか?
疾患の程度によっては、手術が難しいこともありますのでご相談ください。特に糖尿病、腎臓や肝臓の疾患、ぜんそくなどの呼吸器系疾患、心臓病などの循環器系疾患、高・低血圧の方などは、その病気を治療している主治医の先生の意見なども参考にして総合的に判断します。また、妊娠中の方は出産してからのほうが望ましいでしょう。
インプラント治療は何歳でも可能ですか?
あごの骨の成長が止まる時期を考慮して、だいたい20歳以上なら可能です。また医学的に条件が整えば、特に年齢の上限はありません。

インプラント治療症例集

当院ではインプラント1本を用いた治療から、多数のインプラントを用いた全体的な咬合再構成まで幅広く治療を行っております。
堺市東区の歯科医院 ナカノ初芝歯科クリニックで治療をおこなった症例の一部をご紹介します。

症例1:インプラントで下奥歯を回復し、全体的に審美歯科治療をおこなった症例

  • Before

    *
  • *
  • After

    *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *

施術名:インプラント治療

  • 施術の説明
    あごの骨に人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、その上に土台(アバットメント)を立て、人工の歯(クラウン)を取り付ける方法です。
  • 施術の副作用(リスク)
    手術の必要があります。
  • セラミック治療(1歯)の費用
    40万円+消費税

症例2:インプラントで下奥歯を回復し、全体的に審美歯科治療をおこなった症例

  • Before

    *
  • *
  • After

    *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *

施術名:インプラント治療

  • 施術の説明
    あごの骨に人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、その上に土台(アバットメント)を立て、人工の歯(クラウン)を取り付ける方法です。
  • 施術の副作用(リスク)
    手術の必要があります。
  • セラミック治療(1歯)の費用
    40万円+消費税

症例3:インプラントで上下奥歯を回復し、全体的に審美歯科治療をおこなった症例

  • Before

    *
  • *
  • After

    *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *

施術名:インプラント治療

  • 施術の説明
    あごの骨に人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、その上に土台(アバットメント)を立て、人工の歯(クラウン)を取り付ける方法です。
  • 施術の副作用(リスク)
    手術の必要があります。
  • セラミック治療(1歯)の費用
    40万円+消費税
ナカノ初芝歯科クリニック インプラント専門サイト
治療に関する疑問・不安、治療内容について、
まずはお気軽にご相談ください。
  • 電話で診察・相談のご予約・お問い合わせ:0120-870-118
  • 24時間受付初診限定WEB予約
関連ページ