堺市初芝駅の歯医者・審美歯科・インプラントは
ナカノ初芝歯科クリニックへ

  • ご予約・お問い合わせ:0120-870-118(木・日・祝休診)
  • 初診限定WEB予約・相談

MENU

Medical

入れ歯(義歯)

患者さま一人ひとりにオーダーメイドの快適な入れ歯をご提供しています。

最適な入れ歯を
ご提案するために

*
現状やご不満・ご要望を
しっかり伺います
歯がなくなってしまった部分を補うはずの入れ歯。ところが「しっかりと食事ができるように」と思って入れ歯を作ったはずなのに、使っているときの痛みや違和感から、ますます食事がしにくくなるということがあります。
それでも「入れ歯なんだから仕方がない」と我慢して使い続けていませんか?
入れ歯は、お口にとっては異物です。そのため、使っているときの違和感を完全になくすことはできません。しかし患者さまに合った良好な材料で作ることで、違和感が気にならないくらいまでに軽減することができるのです。
堺市の歯医者 ナカノ初芝歯科クリニックでは、それぞれの患者さまに合った、できるだけ長い期間快適に使い続けていただける、丈夫で質の良い入れ歯をご提供します。
  • 部分入れ歯
    1〜数本の歯を部分的に失った場合に使用するのが部分入れ歯です。人工歯、歯茎の役割をする床(しょう)、残っている歯に入れ歯を固定するためのクラスプという金具で構成されます。
  • 総入れ歯
    大部分〜すべての歯を失った場合に使用する入れ歯です。人工歯、歯茎の役割をする床(しょう)で構成されています。お口の中に入れ歯を固定するためには、粘膜の吸着力を利用します。

保険の入れ歯と
自費の入れ歯の違い

  • *
    保険診療の入れ歯
    保険適用で作ることができる入れ歯は、使用できる素材が決められています。
    人工歯・歯茎の変わりとなる床(しょう)はレジンやプラスチックの樹脂製で、耐久性の問題から一定の厚みが必要となります。そのため装着時の違和感や食事の際に食べものの温度や食感が伝わりにくくなる原因となりやすいです。
    部分入れ歯を固定するためのクラスプは銀色の金属製となり、入れ歯の場所によってはお口を開けた時に目立ちやすくなります。
    メリット
    • 保険適用なので、費用が比較的かからない
    デメリット
    • 素材の問題で一定の厚みが必要なため違和感を感じやすい
    • 味や温度を感じにくくなる
    • 長期の使用ですり減ったり変色することがある
    • 汚れやにおいを吸着しやすい
  • *
    自費診療の入れ歯
    自費診療(自由診療)で作る入れ歯は素材の制限がないため、患者さまのご希望・ご要望に合わせた最適な素材を選んでいただくことができます。
    保険診療の入れ歯では避けることのできなかったデメリットも解消することができ、金属を使用した丈夫で薄いものや、クラスプがいらない部分入れ歯、においのつきにくいものや、天然の歯のような透明感を持った人工歯など、使い勝手、見た目の美しさを追求できます。
    メリット
    • いろいろな素材が選択できるため、装着時の違和感を少なくすることができる
    • ご自身の歯に近い美しい見た目のものや、噛みやすく機能性の良いものを追求できる
    デメリット
    • 保険が適用されないため、費用が高額になりやすい

主な入れ歯(義歯)の種類

当院では、それぞれの患者さまに合った入れ歯をご提案できるよう、
さまざまなタイプの入れ歯を手がけています。
その中から、代表的なものをいくつかご紹介します。

金属床義歯

*

入れ歯を支えている床の部分のうち、上あごや舌に触れるところをチタンなどの生体親和性に優れた金属で作った入れ歯です。丈夫なだけでなく、保険のプラスチックの義歯の1/3程度まで床を薄くできるので、装着時の違和感も少なくなります。また、金属は熱を伝えやすいので、食べ物の温度がよくわかるという利点もあります。

メリット
  • 丈夫なため、壊れにくい
  • プラスチックよりも薄く作ることができるため、違和感が少ない
  • 金属製なので、食べ物の温度が伝わりやすい
デメリット
  • 保険が適応されない

インプラントデンチャー

*

通常のインプラント手術と同じようにあごの骨に数本のインプラントを埋め込み、それを土台にして入れ歯を取りつける方法です。通常のインプラントと違い、患者さま自身で取り外していただけるため、他の入れ歯のようにお手入れも簡単に行っていただけます。
あごにしっかりと入れ歯が固定されるため硬いものも噛むことができ、骨に埋め込んだインプラントがしっかりと入れ歯を支えるため、違和感も少ないことが多いです。

メリット
  • 入れ歯がしっかり支えられるので、何でもよく噛める
  • 粘膜にかかる負担を軽減できる
  • 入れ歯が落ちたり外れたりしにくい
  • 入れ歯の中では最も違和感が少ない
デメリット
  • インプラント手術が必要
  • 入れ歯が使えるようになるまでの治療期間が長い
  • あごの骨の状態によっては使えないことがある
  • 保険が適応されない

マグネットデンチャー

*

残っている歯と義歯の両方に小さな磁石を埋め込み、磁力で部分入れ歯を固定する方法です。歯の根だけでも残っていれば、マグネットを入れることができます。部分入れ歯を固定するためのクラスプ(金属の金具)が必要ないので見た目が美しく、入れ歯だと気づかれにくくなります。また、磁石でしっかり固定するためガタつきが少なく、取り外しも簡単です。

メリット
  • 歯の根が少しでも残っている部分なら簡単に入れられる
  • 留め金がないので、見た目が美しい
デメリット
  • 残っている歯が弱いとできないことがある
  • 保険が適応されない

入れ歯のメインテナンス

*
入れ歯を長く使っていただくために、
メインテナンスを
患者さまにぴったりな入れ歯はできるだけ長くご愛用いただきたいと思っています。そのために、歯科医院での定期検診にお越しください。
入れ歯自体は虫歯や歯周病にかからない人工物ですが、細かい隙間などに汚れがたまり、口臭の原因や残っている歯の虫歯や歯周病リスクを高めることにつながってしまいます。毎日の洗浄と定期的な歯科医院でのクリーニングで入れ歯も清潔に保つようにしましょう。同時に、残っている歯をこれ以上なくなさいために、患者さまご自身のお口のケアもとても大切です。毎日の歯磨き、歯科医院での定期的なメインテナンスで健康なお口を維持していきましょう。
治療に関する疑問・不安、治療内容について、
まずはお気軽にご相談ください。
  • 電話で診察・相談のご予約・お問い合わせ:0120-870-118
  • 24時間受付初診限定WEB予約
関連ページ