上質な院内環境。堺市の歯医者・歯科・インプラントなら当院へ。

0120-870-118

【診療時間】9:30~13:00 / 14:30~18:30(土曜18:00)
【最終受付】午前12:30 / 午後18:00(土曜17:30)
【休診日】 木曜・日曜・祝日

メールでのお問い合わせ

信頼のできる歯科技工士との連携

信頼できる歯科技工士との連携、技工で美しい口元を

歯科技工士との連携

「長い期間をかけて治療を行ったのに、最終的に入れた歯の被せ物や詰め物が合わなかった」という経験はありませんか?

人間はみんな一人ひとり顔が違います。お顔と同じように、お口の中の形や環境も同じ物はありません。

その被せ物や詰め物を一つひとつ作っていくのが、歯科技工士の仕事です。歯科技工士の技術がおぼつかないと、いくら歯科医師や歯科衛生士が良い治療をしても、患者さまのお口にぴったり合う被せ物や詰め物はできません。

経験豊富な歯科技工士との連携

技工

当院では、経験豊富な歯科技工士との連携により、その方に適した、利用しやすい被せ物や詰め物をご提供できるよう努めています。優れた歯科技工士の手による被せ物や詰め物は、しっかり噛める、丈夫であるといった機能的な面はもちろんのこと、見た目も美しく仕上がります。

また、私たち医療者が重要視しているのが適合性です。適合性とは歯と被せ物とのフチの合い方のことを言います。適合性の高い被せ物を作るためには、作業の工程で顕微鏡を用います。大きく拡大すればするほど適合性は上がりますが、技術的にはかなり難しくなります。そして、この顕微鏡を使いこなせるようになるまでかなりの訓練が必要です。

当院のセラミックの被せ物は、トレーニングを積んだ歯科技工士が30倍に拡大して作製しています。顕微鏡を用いず裸眼で作製した被せ物と30倍で拡大した被せ物では、適合性がまったく異なります。

等倍と30倍

適合性が良くなることにより、歯と被せ物のつなぎ目に汚れが付きにくくなります。したがって適合の良い被せ物を入れることが、歯周病やむし歯の予防につながるのです。

機能と見た目、そして適合性のすべてを兼ね備えてこそ、本当の意味での審美歯科治療です。経験豊富な歯科技工士と密に連携を取り、患者さまの美しい口元を作るお手伝いをさせていただきます。